バッグをマタギ仕様にしてみました。

こんにちは!鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。当店で販売しているオリジナルバッグの中でも最も特徴的なかばんをご紹介いたします。

アウトドアーでございます。現代のキャンプのようにひねれば明かりが、火がつくわけではございません。火起こしから始まります。思いっきり自然を満喫しております。でも一番自然を相手にしているのはマタギではないでしょうか。特殊部隊よりも強靭で、かっこよすぎてスミマセン。というわけでバッグをマタギ仕様にしてみました。

フラップは鹿の角を加工したトグルボタンで開け閉めができます。マタギのカバンなので、獲物なわけです。鹿といってもただの鹿ではないですよ。北海道に住むエゾシカの角を使っております。

エゾシカ(画像の彼)は日本最大の鹿です。体長2m近くにもなるうえ、体重も100kgを超える個体もザラにいるとか。ちなみに体長2mで体重100kgって、人類に例えてみたら誰レベルだろうと思って調べてみたところ、ウサイン・ボルトとかランディ・ジョンソン級でした。あとはちょと大きいけどジャイアント馬場。鹿と真っ向勝負するような場面には出くわしたくありませんが、正面切って渡り合うのは遠慮したいところです。鹿が草食動物でよかったね。ちなみに角はオスのみにありメスにはありません。

これは鹿の角を加工しているところです。1本ずつ丸ノコでガーッとやっております。一番気を使うのは半分に割りを入れるときだそうです。指のすぐ横を高速回転する刃が通過するのでシビレます。一針入魂ならぬ、一角入魂。文字通りハンドメイドです。

なお奈良県では鹿が増えすぎて、わりと困っております。わが家の家庭菜園にもほぼ毎日のように出没しております。特にほうれん草が好物らしくキャベツや白菜、カブなどには目もくれず、ほうれん草ばかりが壊滅的な被害を受けております。そのため畑の周囲を高さ1.8mのナイロンネットで囲ってみたんですが、やつら軽々と飛び越えてまいります。完ぺきかと思われたナイロンネットによる防壁でしたが、ドイツ機甲師団の電撃戦に敗れ去ったマジノ線のごとく、あっさりと無意味化。

マジノ線。フランスがドイツの侵攻に備えて国境沿いに築いた難攻不落の巨大要塞線。おそらく誰も興味が無いだろうが載せておこう!

旅とbpkon2056

リュックサックで旅に出ることが多い僕はお土産を買ったりする時に、
いちいち荷物でパンパンのリュックサックを下ろして財布を取り出さないといけないことを毎度面倒に思っていて、ナイスなサブバッグが欲しかった。
そんな時に出会ったのが、鞄工房山本 表参道店の備長炭染め帆布・三層ショルダートート bpkon2056(税込み 13,284円)
4色ある色はワインを選んだ。絶対に置き忘れない目立つ色だ。
早速、実家へ帰る年末年始に使ってみたら、少し物を入れるのにサイズも丁度いい。
財布だけ入ればいいやと思っていたけれど、サイズの割に結構入るから色々入れちゃった。

備長炭染め帆布・三層ショルダートート bpkon2056

①財布とカードケース:財布にカードがあまり入らないから別でケースも使っているけど、かさばるんだよね。ちなみに鞄工房山本 表参道店にはカードがいっぱい入る財布もある。

②アイフォーン:電話、カメラ、音楽、ゲーム、調べ物、なんでもできるスマートな相棒。

③ロート製薬のケア用品:ファスナー付きのポケットに入れとけば散らばらないね。

④鍵:そろそろ革のキーケースとか使った方が大人かなと思うんだけど、まだカラビナにジャラジャラぶら下げている。ビブラムソールのキーホルダーは前職の思い出。

⑤文庫本:昔、母親が買ってくれた工房尾道帆布のブックカバーを愛用。中身は村上春樹氏と糸井重里氏のショートショート集「夢で会いましょう」

⑥腕時計:旅の電車に乗っている時くらいは時間を気にせず過ごしたい。この鞄にはポケットがいっぱいあるから、分けて入れれば傷つかないよ。

⑦付属のショルダーストラップ:あると便利。縛っているゴムは先日奈良で見つけた物。鹿の焼印が可愛い。

もう飲んじゃったけど490mlのカルピスウォーターだってラクラク入って、横31×縦24cmとは思えないくらいいっぱい入った。
帆布だから軽いし、備長炭染めってのがシブくて男旅っぽい。(新幹線で広島の実家に帰っただけなんだけどね。)
もちろんちょっとした買い物にも最適だから、これからも頼りになりそうなサイドキック鞄だ。

バッグの修理(KBS5302 赤さび染めボディバッグ編)

こんにちは!鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。当店で販売しているバッグは簡単には壊れたりしないように作っておりますが、やっぱり形あるものいつかは壊れます。バッグだってお使いいただくうちにだんだん傷んできちゃいます。そのため当店ではアフターサービスの一環として、当店でご購入いただいたバッグの修理も承っております。どんな修理が持ち込まれているのかこのブログでもご紹介していきたいと思います。

さて、記念すべき第一回目の修理依頼品は…

赤さび染めボディバッグ KBS-5302です。

使用歴は約4年。ほぼ毎日ご使用されてきたそうです。長年ご愛用いただきありがとうございます。レッドは赤さび染めボディバッグの中でもダントツ人気のお色です。

付属で使われている革のパーツにはテカテカと艶が生まれています。こちらはクロム鞣しの馬革です。クロム鞣しの革だって使い込んでいけばこのようにちゃんと経年変化も生じてまいります。それではさっそく破損箇所を確認してみたいと思います。どれどれ。

ファスナーテープが破れて穴が開いてしまっております。テープの周りにはなにやら瞬間接着剤のようなカスも付着しています。お客様ご自身でどうにかして直そうと努力したようです。わかります、くっつきそうな気がしますもんね。でもゴメンナサイ、瞬間接着剤の効果は0です。ってことで今回はファスナー交換となりました。

バッチリ直りました!

ファスナー交換はステッチの縫直し作業があるので大変な修理です。というのも生地にはすでに最初に作った時のミシンの針穴が開いているからです。縫直しの際にはこの針穴を拾っていきながら縫うことになります。1針1針、間違えないようにミシンをゆっくり掛けていきます。イチから縫っていったほうが早くて楽なんですけど。

ファスナーって簡単に開け閉めすることができるから、ほんと便利な部品だと思います。なのでついついルーズに使ってしまいがち。ギュウギュウ詰めに物を入れた状態でファスナーを無理に閉めようとすると、ファスナーに必要以上の負担をかけることとなり破損の原因になります。これは、ファスナーの故障の中でも致命傷になることが多いトラブルですから、ものの入れ過ぎには注意してくださいね。

なぜ革製品には、見た目のばらつきがあるのか。

こんにちは!鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。
本日は革の持つ個性についてのお話です。

革製品って1つ1つ、それぞれに個性が立っているというか、商品ごとに革の表情が違うことがあります。これって本物の革であることの証でもあります。

当店で販売している商品の画像には、なるべくその商品のスタンダード、特徴をよく表現していると思えるものを選抜していますが、それでもやっぱりばらつきは生じます。なぜ革にはこのような違いが生まれるんでしょうか。

こちらは当店オリジナル商品、OS-6130F 牛革ショルダーバッグ に使っている牛革です。
盛り上がっている真ん中あたりを境に、左右で革の質感が変わっているのがおわかりでしょうか。

左側にはシュリンクと呼ばれるシワが多く入っており、手で触ってみると革の繊維層がガッチリ詰まった感じがします。また全体的に均一で、ばらつきが少ない表情となっています。

右側はツルッとしていて、ぱっと見た目は頑丈そうなんですが、じつは薄くてペラペラした感じです。また大きな雷のような模様が見えます。これは血スジと呼ばれ、皮ふの薄い部分に浮かび上がっていた血管の痕跡です。

そものそも革の元となっているのは動物の皮ふ。皮ふというのはどこも同じようでいて、じつはそれぞれ繊維密度に違いがあります。たとえばお腹の革は柔軟で柔らかく、繊維の密度もゆるめです。いっぽう背中の革はお腹とは反対に、ち密でぶ厚く強靭です。

お腹の皮はごはんをいっぱい食べてもふくらんで伸びるように、背中の皮は外敵に襲われたときの防壁となるようにと、それぞれの役割に応じた構造になっています。
本来、生物としてそれぞれ意味があって作られた繊維の構造が、革となったときには個性の違いになっているというわけです。

「おとな旅あるき旅」で三田村さんが背負ってるあのリュック

こんにちは。鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。

今回のブログでは、ある出来事がきっかけで一躍、人気となったリュックについて取り上げてみたいと思います。

昨年10月6日、テレビ大阪の旅番組「おとな旅あるき旅」の収録のため、俳優の三田村邦彦さんと宮崎美子さんが鞄工房山本の奈良本店にお越しくださいました。

おとな旅あるき旅
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/

三田村さんは当店でお取り扱いしている革と帆布のリュックをたいへん気に入ってくださり、即決でご購入いただきました。

で、だいたい年が明けたあたりからでしょうか。関西圏の方々から「あのー番組を見たのですが」というお電話やご来店での問い合わせが増えていき、今ではこのリュック、入荷してもあっという間になくなってしまう状態が続いております。

エェ…たった1回っきりの放送なのに…とつねづね不思議がっておりましたところ、じつは三田村さん、その後もずっと番組で(たぶん日常でも)ご愛用されていることがわかりました。当店が登場したのは10月22日(土)の放送回のみでしたが「おとな旅あるき旅」は毎週放送されているので、リュックだけが三田村さんの背中に背負われて、毎週テレビに登場していたというわけ。これはすごい。旅番組ってやつの凄さを思い知りました。

7月1日本日放送の回は、奈良。やっぱり背負っていただいております♪

三田村さんのリュックはネイビーですが、革のタンニン成分が上がってきて独特の風合いが生じており、これまたいい感じ。番組以外でもずっとご愛用していただいていることが伺えます。番組をご覧いただくとわかりますが、食事など座っている以外のシーンでは終始背中に背負われており、共演どころか同化寸前であります。おとな旅あるき旅リュック、または三田村リュックと呼んでもいいくらいです。

テレビドラマでもなく映画でもなく、まさかの旅番組。でもたしかに一理あるかもしれません。だってちょっとヒマな週末の夕方に、のんびりとお茶でもすすりながら旅番組を見てると何だか出かけてみたくなっちゃうし、モノだったらつい欲しくなっちゃうのが人情ってもん。そんなあまたの魅力に満ち溢れた旅番組で、毎週登場するこのリュック。そりゃもう知らず知らずのうちに気になって仕方なくなっちゃうのもわかります。

ということで「おとな旅あるき旅」スタイルを極めるならこのリュック。店頭以外でも、webショップでも販売しております。ぜひゲットして、もっともっと「おとな旅」を楽しんでくださいね!

革製品のお手入れってやつを検証してみた。

革の鞄とブリオクリーム

実は簡単・効果的な革製品のお手入れ

こんにちは!鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。

革製品は高価なものが多いので、できるだけ長く使い続けたいですよねー。革製品は毎日使っているだけでもキズがついたり、乾燥したり、常にダメージとの戦いです。でも、革のお手入れをするのはちょっと難しいんじゃないかと感じて、ついついバッグを傷んだまんまにしていませんか?革製品には専用クリームを塗って、しっかりメンテナンスを施してください。メンテナンスするとしないとでは、革のコンディションに大きな差がでるんです。

実は革のお手入れは全く難しくありません。とてもシンプル。簡単です。
そこで今回は、初心者でも簡単にできるお手入れの方法についてご紹介したいと思います。

メンテナンスする革の鞄

今回、お手入れを行うサンプルは こちら。alto. 姫路オイルヌメ革 スマートボディバッグ le-amsb1008 です。タンニン鞣しならではの牛革らしい質感と光沢感のあるツヤが特徴の革です。なお、バッグの使用歴はおよそ1年ほど。毎日使っていたのであちこちにすり傷が見受けられます。

それでは実際にやっていきましょう!

必要な道具はたったの3つ!

まず最初に、以下の3つの道具を用意してください。

1. 馬毛ブラシ
メンテナンス用馬毛ブラシ

2. 布(ハンカチやTシャツの切れ端などでも可)
クリームを塗布する布

3. 革用メンテナンスクリーム
革用メンテナンスクリーム

今回、革のお手入れに使うのは、革製品のメンテナンス用として専用に開発されたスペシャルなクリーム、Brillo(ブリオ)。当店では修理で持ち込まれたバッグやお財布などの仕上げにも使っております。いわばプロ仕様のクリームです。

シルバーのアルミ缶に入っております。なかなか洒落乙です。 フタをギリッと捻(ねじ)り開けますと、ソフトジェルタイプの白いクリームが溢れんばかりに詰まっております。少量でも非常に伸びがいいので、広範囲に塗り伸ばす事が可能です。だから革の初心者が使っても革が色ムラになりません。ぐいぐい伸ばせるので気持ちいいですよ。 塗ったあともサラリとしてべたつきが少ないので、肌に触れることの多い財布やバッグに使うにはもってこいなのです。

必要なモノはこの3つでおしまいです。

1. 状態を確認する

摩擦が起きている個所(バッグのふちなど)は、かすれて白っぽくなっていたりします。特に乾燥している箇所などを細かくチェックしておきます。

革の鞄にかすれが出ている

案の定、ふちの付近には摩擦によるキズが生じております。もはや味わいを通り越してしまっております。

革の鞄に無数の擦り傷

そして表面には無数の擦り傷が。これを見事に消してご覧に入れましょう。フフフ。

2. 汚れを落とす

まずは馬毛ブラシを使って革表面についたホコリを払い落とします。

革の鞄にブラッシング

ココがポイント!!

ブラッシングのコツは撫でるようにやさしく、そして一方向に動かすこと。ブラシを往復させたほうが入念な感じがしますが、じつはNGです。ホコリを移動させているだけなのでむしろ逆効果です。ということでブラッシングはかならず一定の方向に掛けてくださいね!!

3. 全体に栄養を与える

革の部分全体にクリームを薄く塗っていきます。出来るだけセコく伸ばしてください。

革の鞄にクリームを塗布する

めっちゃテカテカしてまいりました。こうでなくっちゃ。やる気が出てきて、地味な作業も鼻歌まじりってもんです。

4. 傷んでいる箇所に重点的に栄養を与える

特に傷みが目立つ箇所に重点的にクリームを塗り込みます。すでに他の箇所にはしっとりとツヤが上がっていることが、わかりますでしょうか。

革の痛んでいる部分に重点的にクリームを塗り込む

でも革に大きなダメージを受けてしまうと復元は難しくなります…やっぱり、そうなる前のお手入れが大事なんですよ。

5. クリームを馴染ませる

クリームがバッグに残らないように、全体をくまなく空拭きします。しっかり塗り込んだところは、拭き残しがないように気を付けましょうね。

革の鞄にクリームを馴染ませる

革の鞄にクリームを塗った後の状態

いかがだったでしょうか。たったこれだけで完了です。道具を3つ揃えれば、もう完璧です。革のお手入れは実はとても簡単なのです。是非、大切なバッグと長く付き合えるように定期的なメンテナンスを行ってくださいね!

今回使用したクリームのご紹介です。

革にツヤのある輝きと潤いを。革製品のために開発された専用お手入れクリーム。Brillo(ブリオ)

日本の気候や使用環境を考慮して開発された、日本製の革専用メンテナンスクリームです。革にやさしく、革を硬くする心配のない天然由来のワックスが含まれております。ワックスには革に失われた光沢をよみがえらせ、傷を修復する効果もあります。お気に入りの革製品をずっとよいコンディションのまま使い続けたい、ツヤのある状態を維持していきたいという時におすすめです。


ブリオクリーム


ブリオクリーム col-02921

当店で購入いただいた革製品をより長く使っていただけるよう、革のお手入れ用品をもっと充実していきたいと思います。革の特性に合ったクリームを今後ご提案していきますので、どうぞお楽しみに!

ファスナーについて

こんにちは。鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。今回は鞄にも財布にも、かならずと言っていいほど使われている機能部品、ファスナーについて書いてみたいと思います。ファスナーっていろんなとこでよく見ますけど、そのわりによく知らないんじゃないでしょうか。根掘り葉掘り調べてきましたよ。

ファスナーの種類について

当店で販売しているバッグや革小物に使われているファスナーには、大きく分けて次の2つの種類があります。

その1.エレメントが金属でできている金属ファスナー
その2.エレメントがコイル状の樹脂でできているコイルファスナー(樹脂ファスナー)

それぞれの特徴、用途に応じて使い分けられています。なんとなくニュアンスで決まってしまう場合も多いです。(これなら用意できるッスよ、あ、じゃあそれでいいッス)どんなファスナーを使っているかで、メーカーやデザイナーのこだわりが垣間見えるかもしれない。

金属ファスナーについて

金属ファスナーとは、エレメントの材質に丹銅やアルミ、洋白などの金属を使用したファスナーです。素材感を生かしたデザインに向いているため当店の鞄にもよく使われています。

銅合金ファスナー

金属ファスナーといえばこれ、というくらい使用頻度が多いファスナーです。主に銅(Cu)と亜鉛(Zn)の合金である、丹銅という金属が使われることが多いです。同じ銅合金で有名なものとして真鍮がありますが、丹銅は真鍮よりも銅の比率が高めなので硬くて丈夫。この丹銅をベースに黒染めやアンティーク調の風合いを出したりなど、バリエーションもけっこう豊富です。

アルミ合金ファスナー

アルミ合金ファスナーはアルミの軽さを活かしたファスナーです。他の金属ファスナーよりも軽くて抵抗が少ないのでスムーズに開閉できる特徴があります。その一方でアルミはやわらかく衝撃・摩擦・腐食に弱いため、やや耐久性に劣ります。われら金属エレメントの中では、あやつの強度は最弱よ、と他のメタル連中からはちょっと格下扱いされているかもしれない。なおスラッシュメタル四天王(BIG4)といえば「メタリカ(METALLICA)」「メガデス(MEGADETH)」「スレイヤー(SLAYER)」「アンスラックス(ANTHRAX)」です。ファスナーとは全く関係ないですが、よかったら覚えておいてください。

洋白ファスナー

洋白ファスナーはニッケル合金(銅、ニッケル、亜鉛を配合した銀白色の合金)を使用したメタルファスナー中で最も強度の高いファスナーです。ニッケル合金なので100円硬貨のような色あいです。ニッケル+革の組み合わせは、一歩間違うとお兄系の匂いが漂ってきますが、うまく組み合わせるとオシャレで感度の高い質感になります。当店ではきれいめなビジネスバッグを中心に使われています。

EXCELLA(エクセラ)

エレメント1つ1つに光沢研磨をかけたYKKの最高級ファスナーです。たぶんexcellent(最高の)から由来してるであろうことは想像に難くない。さてYKKのカタログには、「エレメントひとつひとつの全面に入念な磨きをかけた滑らかなファスナーです」と書いてあります。とどめには「品位・風格ともファスナーの貴婦人」とまで謳っております。イヤハさすがです。おかげで普通の合金ファスナーよりも滑りが遅いゆっくりめです。だって貴婦人ですから。庶民ファスナーのようにセコセコ動いたりはしないんです。ボクは精神的貴族に位置するってやつです。でもスライダーの動きが渋いわけでも、どっかに引っかかるでもなく確実に開きます。精度を高めた結果、部品同士がかっちりかみ合うからでしょうか、軽快さはないが一度動かせば必殺必中。という印象です。磨きをかけているためエレメントの1コマ単位で美しく、見栄えもするので高級志向の商品に使われています。だって貴婦人ですから。

コイルファスナー(樹脂ファスナー)

かみ合わせの部分がナイロンもしくはポリエステルなどの樹脂でできていて、コイル状に連続成形されているファスナーです。コイルファスナーは1コマ1コマの目が細かいので、飛ばしてかみ合ってしまうのが泣き所です。これって誰もが一回はやったことあるんじゃないでしょうか。金属ファスナーのほうが見た目頑丈そうに見えますが、実際は5番ぐらいの大きさのコイルファスナーを使ったほうがスムーズに作動して耐久性がありますので、ファスナーとしては理想形になるそうです。じゃあどうしてコイルがあんまり使われてないかっていうと、見た目が…ね。内装のファスナーポケットには使われることが多いです。実力はあるんだけど日陰の存在なんです。

ファスナーとジッパーとチャックについて

通常、ファスナー(fastener)という呼び方が業界的には主流ですが、それ以外に、ジッパー(zipper)やチャック(chack)という呼び方もあります。ちょっと調べてみました。

ファスナー(fastener)
英語では fasten とは、締めるとか留めるという意味です。この fasten にerをつけることで、締めるやつ、という意味になります。英語におけるファスナーは、ざっくり言ってしまえば締結部品の総称であるため、あのバリバリ剥がすマジックテープやホックボタン、ねじなんかもじつはファスナーの範疇に含まれます。

ジッパー(zipper)
zipは英語ではビューという音、飛ぶ弾丸などの音、または布を裂く音をあらわす擬音。このzipにerをつけることで、スピーディーに動くやつ、という意味に。ジッパー(zipper)という呼び方は商標名でしたが、アメリカをはじめ英語圏を中心に広く世界に通用しています。ということで海外で困ったらとりあえずジッパーって言っとけば大丈夫かもしれない。

チャック(chack)
チャック(chack)は、日本初の国産ファスナーを製造発売した「日本開閉器/チャック・ファスナー」社の「チャック印」という商標名が名前の由来になっています。チャックって英語じゃなかったんですね。チャックという商標名は巾着をもじってできたんだそうですが、本当でしょうか。あいにく製造元の日本開閉器はなくなっているため事実確認ができませんでした。英語にもチャック(chuck)って単語があるだけにややっこしいです。もう1つ英語でチャックといえば、チャック・ベリーのジョニー・B.グッド (“Johnny B. Goode”)。ジミヘンが1967年6月のモンタレー・ポップ・フェスティバルでカバー演奏したテイクが個人的にはいちばん好きです。というところで本日はこれまで。

79Aとは、いかなるものか。

みなさん「79A」という生地をご存じでしょうか?帆布のようで帆布じゃない、ちょっと不思議な生地なんです。ってことで今回は、79Aについて書いてみたいと思います。

79A(ナナキューエーと読みます)は、帆布で最も薄いとされる11号帆布よりもさらに薄手ですが繊維密度の高い生地です。生地そのものは薄いんですが目が詰まっていますので丈夫さがあり、この素材でバッグを作ると軽い仕上がりになります。薄くて、軽くて、わりと頑丈。帆布かばんは初めてという方にも安心してお使いいただける素材といえます。

ところで79A、そもそもこの名前からしてよくわかりません。生地メーカーの中の人にも聞いてみたのですが、どうもはっきりしないんですよ。数字の7と9には何か意味がありそうです。7と9の間といえば8ですが。あるいは横糸と縦糸の本数でしょうか。問い合わせから数日、まだ電話の返事がありません。こちらから電話したところ担当者はしばらく不在とのこと。これはもしかして聞いてはいけない話だったのでしょうか。まさか「牛の首(※1)」じゃあるまいし。

ではさっそく画像で比較してみましょう。

左が11号で、右が79Aです。さっぱり見分けがつきません。

通常、帆布というのは10番手/単糸を何本撚(よ)るかによって厚みが変わっていきますが、この79Aは帆布の中でも一番薄手となり、20番手/双糸引き揃えの組織になります。なので厳密に言っちゃえば、こいつは帆布ではありません。ニアリーハンプ、ハンプモドキです。JISで定められた綿帆布の規格JIS.L-3102(※2)によると最薄手が11号となるため、11号よりもさらに薄い「準帆布」ってところでしょうか。が、薄いからと侮ることなかれ。79Aは薄手ではありますが繊維密度が高く、強度と軽さのバランスが取れた良生地なのです。紙のごとく軽やか。まるで上質な和紙のような佇まいの生地です。

さらに当店の「ロウ引き帆布シリーズ」で使用しているロウ引き帆布は、通常のパラフィン加工とはひと味ちがう加工が施されております。軽量かつ高密度な生地、COTTON79Aをベースに、下処理加工、染色、目止め、パラフィン、特殊焼付け、以上5つの工程に分けた加工が施されており、染色層、目止め層、パラフィン層の3層にわたって樹脂が塗布された多層構造によって、薄地とは思えないボリューム感とコシが生まれています。

画像で表現したら、無言の迫力というか、なかなか凄みが出てきたかもしれない。

防水目止め加工(ODならし)について

目止め加工の際にOD(オリーブドラブ)顔料を混ぜることで、生地の色相がオリーブのオーバーダイ(※3)になります。要するに、ベージュもグレーもなんとなくオリーブっぽい色ベースになります。精悍なブラックすらも、どこかうっすら優しい雰囲気を醸し出しております。ごく自然に、持ちやすい、合わせやすい、と思える色に仕上げております。ついでに防水性も向上している気がします。これも他のパラフィン帆布とは違う当店ならではのこだわりです。

パラフィン帆布は、生地の中でパラフィンの成分が固形化しているので、折り目をつけると折り目のパラフィン成分が破断して折れ目から白化したり、独特のチョークマーク(チョークで引っ掻いたような白いすじ)が出来たりします。使い込んでいくことによって味わいが足されてゆき、独特の風合いが楽しめます。また生地のハリ感は、使い込むほどこなれて柔らかくなります。つまりこの鞄は、お客様ご自身の手に届いてからが最終工程なのです。世界で1つだけのバッグを仕上げる楽しみも、味わってくださいね。

※1 「牛の首」という題だけの、凄い怖いとされる怪談。題名と、非常に恐ろしい話だということだけわかっていて、その内容は”誰も知らない”というか、そもそも本体の物語は存在しない。
※2 JIS.L-3102(綿帆布)については、1997年2月に規格廃止。
※3 オーバーダイ (overdye) 元の色の上からさらに染める染色技法の一つで、通常の染色では表現しにくい微妙な色が表現可能となる。ところでオーバーという単語が付くと、なんだかちょっとだけ悲しい響きを感じるのは気のせいでしょうか。オーバーフローとか、オーバーワークとか、ゲームオーバーとか。

オイルレザーについて

こんにちは。鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。「オイルレザー」という革をご存じでしょうか?オイルレザー、普通の革といったい何が違うの?って思いながらも正直、何が違うのかよくわからないですね。ってことで今回はオイルレザーについて書いてみたいと思います。

今さら聞けない!オイルレザーとは?

オイルレザーは、革になめしを施す際にオイルを染み込ませた革のことです。画像は当店のオイルバケッタ・ボストンバッグ(大)。どうですかこのオイル感、やばいでしょ。オイルレザーは革の繊維にまでオイルを染み込ませているので、しっとりとした触り心地とオイルによる湿りをおびた表情が特徴です。オイルの加減で表情が変わるのでオイルの含有量が多いほど深みが出せますが、革自体の重量は含んだオイルの分だけ重たくなります。あと衣服への色移りなんかも気になるところ。なお Made in USA の製品ではこれでもくらえとばかりにガツンとオイルが入ってるものが多いです。「どうだ、色が移るほどたっぷり入れてあるぞ」とか「汚れ?大丈夫だ、汚れてもいい服を着ろよ」とか、なんかもうどいつもこいつもそんな感じ。いいんだよ、細けえ事は!のひとことで、すべて解決です。

オイルレザーの作り方

加工法はもちろんメーカー(タンナー)によって異なりますが、一般的にはなめし作業の際、タイコと呼ばれる大きな木製の樽に入れ、回転させることで生まれる遠心力と樽にぶつかる衝撃でオイルを染み込ませていきます。出来上がってみないと革の仕上がり具合がわからないため、この作業には長年の経験と勘が重要となります。そして長年の経験と勘でもアゥレレェ?ってなることも。一般的な革よりも製作に手間と時間が掛かるのと、オイルを入れる加工賃も加わるので、どっちかというと高価になる傾向です。

使うとどうなる?オイルレザー

革は乾燥することで繊維が劣化していきます。特に水に濡れた後の乾燥では革の中の水分や栄養素までもが失われてしまいます。よく革を水に濡らすのは厳禁と言われるのはこのためです。革は元たどれば動物の皮、わたしたち人間のお肌と一緒です。そのため革を水濡れと乾燥から守る方法としてオイルを加える手法が生み出されました。本来は防水効果のためだったオイル加工ですが、現在では素材表現の1つとして施されることが多くなっています。オイルレザーに含まれたオイルは革を保護するのと同時に、浸透したオイルが革に馴染んでいくことで艶が生じてきます。よいオイルレザーは使い続けることで「革を育てる」という楽しみを味わうことができる革なのです。

傷が消える? 魔法の革オイルレザー

こちらは生(き)の表情が残った革。至るところキズだらけで、侠客立ちの花山薫さんみたいです。革の風合いを生かすために顔料を使って傷を消していないので、どうしても残ってしまうのです。でも最近はこういう革がめっきりなくなりました。加工を施さない革は爪などですぐに傷がつきやすいのですが、オイルレザーでは革が柔らかくなることでキズが入りやすくなります。え、いいことないやんかと思うかもしれませんが、大丈夫。オイルを含んだことにより指先でこすったり揉んだりすると傷が目立たなくなるのです。あまりに見事に消えるので「傷が消える」という表現をすることもあります。でも、オイルの油分が少なくなると保護効果も薄れてきますので、保革用のクリームでしっかりケアしてあげてくださいね。グリグリっと。

味わいか、それとも使いやすさか

最初にお伝えした通り、オイルが多く入った革ほど味わい深さや経年変化の妙をより強く感じることができるのですが、製品の重量が重くなったり、色移りのリスクが生じます。現在の傾向としては、革に色止め加工や表面を整える加工を施すことが多く、表情ゆたかな革製品が少なくなっています。「均一で安定した品質」の革が供給できるというのは産業的には素晴らしいことですが、その反面「どこから切っても同じ顔、金太郎アメ」な革というのは、いかがでしょうか。これは善悪の問題ではありませんが、たとえば上の画像のような革を作ることはできないんです。光あるところに影がある …何というか、いろいろ考えたくなってしまう問題であります。

柿渋染め帆布

柿渋染め製品画像1

こんにちは。鞄工房山本メンズバッグセレクトショップの伊藤です。伝統的な日本の技術と独特の染めから生まれた趣のある素材で、革よりも軽くて丈夫、いわば帆布の最高級品ともいえるのが柿渋染め帆布です。当店取扱いの柿渋染めは6号帆布という頑丈な布に柿渋染めを何度も繰り返すことにより、より強固さを増しており、抗菌性や撥水性も兼ね備えております。伝統の技法と現代の感性をおりまぜた他の素材にはない独特のテイストが味わえます。

柿渋とは?
柿渋は、青柿を砕いて絞った汁を、発酵熟成させた天然染料です。柿から抽出されるタンニンにより塗布物に防虫、防腐、耐水性を与える性質があるため、柿渋を塗ることにより丈夫で、防腐性・防水性のある生地になります。日本では昔から漁網、酒袋、和傘、漆器など、水回りのものを中心に幅広く利用されてきました。たとえば私の祖母(大正生まれの乙女)が幼い頃は、柿渋染めで和紙を固めて作った火鉢を自作していたそうです。近年、化学塗料の普及と共に影をひそめていましたが、現在では再び、その価値が注目され、さまざまな用途での利用を見直されています。

柿渋染めの特徴

※効果はすべて天然の柿渋によるものですので化学染料や薬品の効果との違いがございますことを予めご了承ください。

染め上げるのに1カ月、さらに生地を寝かせる期間およそ2か月。

渋柿家のバッグには6号帆布という厚手の平織の生地が使用されています。柿渋染めにこだわり続けた長年の研究によって6号帆布が最も柿渋染めバッグに適しているという結論にいたりました。しかし、厚く強固な6号帆布に柿渋の染料を染み込ませるのは難しく、バッグの生地として使えるまでにおよそ3カ月の時間が必要となります。それでも独自の技法と柿渋に対する妥協しないこだわりが他の追随をゆるさない独自の個性を生み出しました。

縫製がきわめて困難。ミシンの針が折れるほどの頑丈な素材をまとめ上げております

バッグの縫製で一部に布の縫い目が一直線でない箇所がございますが、それは使用している帆布がもともと頑丈であり、さらに柿渋染めを何度も繰り返し行うことでより強固な素材に仕上がっているためです。針を通せる箇所がなくなるくらいに繊維が吸着し合あった布の中を、針が通りやすい箇所を通って縫っているため縫製のラインが一直線にとれない箇所がでてきているのです。

最後に柿渋染めのつながりで、ちょっと面白い生地をご紹介します。清酒造りに欠かせなかった道具、酒袋です。

酒袋とは
酒袋(さかぶくろ)は、造り酒屋で「もろみ」を入れてお酒を絞るのに用いた袋です。酒袋は帆布に柿渋を塗って作られていますので、柿渋染め帆布のオリジンともいえる存在。


この酒袋は、造り酒屋さんが廃業された際に縁あって頂いたものです。

長年使い続けたためかあちこちにほつれが生じていますが、その都度、修繕された跡が。繕いながらずっと大切に使われていたことが伺えます。まるでムカデのようなこの特徴的な繕いは、生地を彩る力強いアクセントにすらなっています。一時はこの酒袋の生地を使っての商品も考えましたが、造り酒屋さんで昔ながらに酒袋を使っているところは皆無でした。そもそも何年もかけて道具として使われているため、調達性は限りなく0に近い柿渋染めの酒袋ですが、もはやデッドストック以外では入手不可というきわめて厳しい状況なのです。この貴重な生地、そのうち鞄に生まれ変わらせてやろうかと考えております。